内臓脂肪や中性脂肪を減らす
健康ダイエット方法

内臓脂肪を減らして生活習慣病の予防 !
生活習慣病の対策をして、より健康に、よりスマートに !


健康的なダイエット方法や健康アイテムで
内蔵脂肪を減らして、しっかり身体作りを!
内臓脂肪を減らす方法

  内臓脂肪は、腹筋の内側に付いた脂肪です。
適度の量だと体温の保持や内臓の保護などに役立ちますが、多くなりすぎると放熱状態が悪くなったり内臓を圧迫したりします。血管に入り込みやすく、糖尿病などの生活習慣病の大きな発症因子となることが知られています。
  内臓脂肪は付きやすく・落ちやすいという特徴もあります。内臓脂肪のつき過ぎは、糖尿病、高血圧症、高脂血症などを併発させやすくなります。

内臓脂肪型肥満は、目安となるウエスト周囲径(へそ周り)・男性・・・85cm以上 女性・・・90cm以上
チェック付き脂肪計の測定で、レベル10以上が多いと判断されます。また、血液検査では、次のうち2項目以上で内臓脂肪型肥満と判定されます。

1.高脂血症−中性脂肪値が150mg/dL以上かつ、
 またはHDLコレステロール値が40mg/dL以下
2.高血圧−収縮期(最大)血圧が130mmHg以上
 かつ、または拡張期(最小)血圧が85mmHg以上
3.高血糖−空腹時血糖値が110mg/dL以上

食品・食材で減らす方法があります。

・ 豆鼓(トウチ)エキス ・青魚に含まれるEPA
・ DHA(魚油) ・ キトサン
・ ビタミンA・B1・B2・C・E
・ カプサイシン(トウガラシ) ・ カフェイン(コーヒー)
・ポリフェノール

・米国の肥満学会で「乳製品のカルシウムに内臓脂肪を減らす働きがある」というレポートが発表されました。 カルシウムが脂肪を燃焼させる酵素の働きを阻害する「副甲状腺ホルモン(PTH/活性阻害ホルモン)」を減らす役割があるというものです。

 これはつまり、「カルシウムが不足すると脂肪が燃焼されない」ということ。また、同時に血液中の血清の中にあるカルシウム濃度が低いと、体脂肪・体重が増加することがわかったのです。
中性脂肪を減らす方法

  中性脂肪とは、日々余分に取ってしまった炭水化物や糖分、脂肪分がどんどん身体にためられてできた脂肪のことで、食事の食べ過ぎで余った糖質を材料に、肝臓で作られています。また、アルコール摂取によっても中性脂肪の合成が促進されます。血液中の中性脂肪が増加した状態が続くと、動脈硬化の危険性が高まることになります。

食品・食材で減らす方法があります。

  野菜、果物、豆腐や納豆(豆類)、青魚(サバやイワシ)、とうがらし海藻類などがあります。特に、納豆は中性脂肪値・コレステロール値の低減はもちろんのこと、血栓予防作用や骨粗しょう症予防作用、また肝機能改善の効果も多くの臨床実験で認められています。

  このほか、最近、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、悪玉コレステロールを減らし
善玉コレステロールを増やす働きがあるとして注目されています。
  果物では、「グレープフルーツの香りによる脂肪燃焼効果」が、研究で裏付けられ、2005年10月に「日本肥満学会」という学会で発表されています。

 また、京都市立病院の糖尿病・代謝内科部長で、医学博士の吉田俊英先生が指摘するところによると、コーヒーには眠気を覚ます、気分を落ち着かせる、そして脂肪を燃焼させる効果があることを新たに報告しています。
ブラック、ホットで飲むこと。しかし、クロロゲン酸は熱に弱く、焙煎時間が長くなるほど、温度も高くなるので有効成分は減少します。また香りにも脂肪燃焼効果が期待できます。入浴や運動の20〜30分前に飲むと脂肪燃焼効果は2倍に跳ね上がるようです。

サプリメントで減らす方法もあります。

・アミノ酸・DHA・大豆ペプチド・ポリフェノール
・コエンザイム・Q10などのサプリメントが有効です。



健康的なダイエットの方法

内臓脂肪や中性脂肪を減らすポイント

  健康的なダイエットスピードは、1ヵ月で1〜3s減です。
それ以上のダイエットは体に負担がかかり、リバウンド率も高いとされています。
平均的な日本人女性の場合、1日 1,100〜1,300kcal程度が基礎代謝として使われます。
これを下回らないカロリーを摂取することが必要です。
※ 基礎代謝とは、寝ているときなど、何もしていない状態でも生命活動に使われるエネルギーです。

【ポイント1】 バランスの取れた食生活を送ることが大切です。
    特に食物繊維の多い食品をたくさんとり、腸内で中性脂肪や糖質を吸着させ一緒に排せつさせて
  しまいましょう。魚類に含まれる脂肪は善玉(HDL)コレステロールを多く含んでいます。
  このコレステロールが血液中に増えると、  中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールのたまり過ぎが
  まねく動脈硬化を防いでくれます。

【ポイント2】 朝食をしっかり食べましょう!
    一般的に、1日に摂取する食事のカロリーが同じ場合、食事回数が多いほど、太りにくく、回数が
  少ないほど太り やすくなるといわれています。

【ポイント3】 一日30分ほどの軽い運動をしましょう!
    もっとも効果があるのは、ウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動です。運動で使われる
  エネルギー源は、筋肉の  中のグリコーゲン、糖質、脂肪の順番に消費されていきます。20〜30分、
  呼吸を意識しながら酸素を取り込む  (腹式呼吸)、脂肪を燃焼させましょう。通勤や買い物のときに
  も、意識的にウォーキングフォームで「速歩き」するように  するだけでも違ってきますよ。

【おすすめ】 体脂肪計比較一覧
    内臓脂肪チェック付体脂肪計・骨量測定・体組成体脂肪計・女性ダイエットモード搭載!
  ・細胞内液と外液のバランスを測定。体重、体脂肪率・内臓脂肪、基礎代謝、筋肉がはかれます。
  各機種比較することができます。

【おすすめ】 内臓脂肪算出機能付の歩数計型体脂肪計  価格比較
    ・内臓脂肪断面積の推定算出指数計算機能 ・1日あたりの目標歩数計算機能
  ・運動消費カロリー算出機能など、内臓脂肪算出機能付だから、身体を知ってから目標設定が
  可能です。

【おすすめ】 京都市立病院の内臓脂肪や中性脂肪を減らす ダイエット法
    今ある肥満体重を3ヶ月間の食事・運動療法にて5〜10%減少させるだけで、肥満に合併した糖尿病
  や高血圧症は 改善し、メタボリックシンドロームはほとんど治ってしまうようです。
  その後、摂取カロリーを運動分増やして体重の維持を図り、月平均2〜3kgの減量にて、3ヶ月間で十分
  目標は達成 できるようです。

栄養不足にならない糖尿病食ダイエット>

  糖尿病食ダイエット  糖尿病食  【厚生労働省許可】
糖尿病食ダイエットとは、その名の通り、1日1〜2食を糖尿病患者のための食事に置き換えるダイエット
方法です。

  糖尿病の患者には食事療法が行われ、脂質や糖質の摂取を抑え、摂取カロリーが制限されています。
その上、糖尿病患者の食事には体に必要な全ての栄養を摂ることが基本なため、栄養バランスが良く、
ビタミン、ミネラルも含まれています。それをダイエット食として食べることで、健康的にダイエットをすること
が可能になります。

 生活習慣病である糖尿病は,食事療法と運動療法によって病気を治療します。
糖尿病患者がとる食事は,血糖値を下げるメニューで,その特長は低力ロリー且つ栄養バランスがとれた
内容であることです。
  糖尿病食には,良質なタンパク質,ビタミン,ミネラル,食物繊維が含まれており,糖質60%,脂質20〜
25%,タンパク質15〜20%の栄養バランスは,そのままダイエットに利用できるのです。

無理をしない自然に健康食ダイエット

無理をせずに自然にダイエット ローカロ生活 美味です。
 最大の特長は、こんにゃく、大豆たんぱくやマンナンヒカリ
というカロリーが少ない素材や、カロリーの少ない甘味料を
使って、調理法にも工夫しながらとことんカロリーオフを実現
しています。  しかも、続ける事が大切だから、
飽きのこない豊富な品揃えです。!

【BMI指数と体脂肪率による肥満の判定】

腸管などの内臓の周辺に脂肪が付くと、お腹(ウエスト)のあたりがポコッと出てきます。
やせ型や普通体型の人でも、ウエストが太くなったら要注意。

  肥満度の判定方法の一つにBMI(ボディ・マス・インデックス)
指数での評価があります。
  日本肥満学会では、肥満判定の基準としてBMI(体格指数)
を採用しています。たとえば体重60kgで、
身長1.6mの場合、「60÷(1.6×1.6)=23.43」となります。
【体脂肪率による肥満の判定表】
性別
適正範囲
肥満
30歳未満
30歳以上 
男性
14-17%
17-23%
25%以上
女性
17-24%
20-27%
30%以上

慈恵医大健康医学科データより

BMI値=体重kg÷(身長m×身長m) このBMI値が25以上を、「肥満」と判定します。
さらにBMI値が25以上で、腹囲(ウエストサイズ)が男性で85cm以上、女性で90cm以上ある場合、「上半身肥満の疑いあり」としています。
  上半身肥満というのは、内臓脂肪の蓄積が多いタイプの肥満を示しています。
肥満、しかも内臓脂肪の蓄積によって高血圧、糖尿病、高脂血症引き起こされると考えられています。
(日本成人予防協会)
 内臓の周りに脂肪がたまるメタボリック・シンドローム(メタポ)に陥ると、動脈硬化や糖尿病だけでなく、
胃がんのリスクが高まるようです。(2006年9月16日読売新聞、Yahooニュース)


脂肪を減らすために

一番大切なことは、
無理なく、ダイエットや健康管理につとめること!
そして、1日3食、しっかり食べること。食べる回数を減らせばやせる、それは当然ですが、ストレスやリバウンドの原因となります。



新製品 骨盤ストッキング
美しい姿勢を保つために!



はいて歩いて
カロリー消費アップ!
美しさと快適さを追求

食材の宅配サービス
  有機野菜・宅配弁当・糖尿病食・カロリー食・減塩食・高齢者向けの食事など食品・食材・弁当の
宅配サービスです。

中性脂肪を減らす
食品・食材で減らす方法があります。中性脂肪を減らす健康ドリンクが人気!



究極のナチュラルデトックスウォーターと世界最高硬度のダイエットウォーターのセットがおすすめ!

健康百科
  内臓脂肪や中性脂肪を減らす食事療法など、あらゆる健康と食に関する情報です。  健康的にやせるダイエット方法などやせる原理を解説しています。
  やせるダイエットレシピもあります。 短期間にやせるのは無理なの? 単品ダイエットはなぜダメなの?
  糖尿病食でダイエット出来るって本当? やせる食べ物ってありますか?

生活習慣病予防と治療
  具体的な予防法・治療法が専門医により解説されています。  糖尿病・高血圧症・高脂血症 (脂質代謝異常症)・肥満症の食事療法・成人病の運動療法などがあります。(堀ノ内病院)

製薬会社の健康食品

昭和製薬(株)通販係
メタボリック・シンドローム対策なら製薬会社の杜仲茶、テレビ放映された話題の内蔵脂肪対策に昭和製薬株式会社の杜仲茶



小林製薬グループの
健康食品や美容、医薬品。
ネットで最大級の品揃え。
ダイエット時に、
おすすめ食べるコラーゲンとミネラルが豊富な
コントレックスが人気!



浜松市・浜名湖周辺の観光割引券・クーポン券・暮らしに役立つ生活情報は、浜松シティー広場 Topページにあります。



お問い合わせ先:浜松シティー広場
Copyright(C)2006 Hamamatu City Web Rights Reserved.