静岡県浜松市・浜名湖観光ガイドの浜松シティー広場 静岡県浜松市・浜名湖観光ガイドの浜松シティー広場

中性脂肪を減らす食品・食材

  健康診断などで中性脂肪が高いと診断されたら、血液中の中性脂肪が多いということです。食事で摂った脂質、糖質、たんぱく質はエネルギーとして使われ、消費されなかった分は肝臓に送られて中性脂肪が合成されます。その中性脂肪は血液中に入って全身をめぐり、身体を動かすエネルギー源となりますが、余った中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として身体に蓄積されます。
  暴飲暴食や運動不足によって余ったエネルギーは中性脂肪となり、増えすぎれば肥満につながります。  余分に取ってしまった炭水化物や糖分、脂肪分がどんどん身体にためられて糖質を材料に、中性脂肪が肝臓で作られていきます。また、アルコール摂取によっても中性脂肪の合成が促進されます。  中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。中性脂肪や悪玉コレステロールは、血管にへばり付いて、血液の流れを阻害してしまいます。  さらに、中性脂肪が多くなると脂肪肝、いわゆるフォアグラのような状態になっていきます。こうなると肝臓の機能(肝機能)が低下し、肝硬変や肝臓がんに移行する可能性が高くなります。「肝臓の病気」というとアルコールが原因のように思われますが、上記のように中性脂肪が原因になる場合もあります。肝臓の病気は、食べ過ぎでの肥満、炭水化物や糖分の摂りすぎによっても引き起こされる可能性がある、ということです。
  血液中の中性脂肪が増加した状態が続くと、「メタボ」なのです。
メタボリックシンドロームの略で、内臓脂肪が多くて糖尿病をはじめとする生活習慣病になりやすく、心臓病や脳などの血管の病気につながりやすい状況をいいます。


中性脂肪を下げるには、普段の食事や生活習慣から改善することが期待できます。

1 中性脂肪を食品・食材で減らす(脂肪値を下げる)方法

  野菜、果物、豆腐や納豆(豆類)、青魚(サバやイワシ)、とうがらし海藻類などがあります。特に、納豆は中性脂肪値・コレステロール値の低減はもちろんのこと、血栓予防作用や骨粗しょう症予防作用、また肝機能改善の効果も多くの臨床実験で認められています。

  このほか、最近、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあるとして注目されています。
  果物では、「グレープフルーツの香りによる脂肪燃焼効果」が、研究で裏付けられ、2005年10月に「日本肥満学会」という学会で発表されています。

 また、京都市立病院の糖尿病・代謝内科部長で、医学博士の吉田俊英先生が指摘するところによると、コーヒーには眠気を覚ます、気分を落ち着かせる、そして脂肪を燃焼させる効果があることを新たに報告しています。
ブラック、ホットで飲むこと。しかし、クロロゲン酸は熱に弱く、焙煎時間が長くなるほど、温度も高くなるので有効成分は減少します。また香りにも脂肪燃焼効果が期待できます。入浴や運動の20〜30分前に飲むと脂肪燃焼効果は2倍に跳ね上がるようです。

2 中性脂肪をサプリメントで減らす(脂肪値を下げる)方法

・アミノ酸・EPA・DHA・大豆ペプチド・ポリフェノール・コエンザイム・Q10などのサプリメントが有効です。

3 中性脂肪を飲料で減らす(脂肪値を下げる)方法

  食生活改善の一助となる特定保健用食品(通称:トクホ)です。  『イマークS』は、血中の中性脂肪を低下させる作用のあるEPA・DHAを1本あたり860mg含んでいます。この量は前述の健康維持が期待できると言われているEPA・DHA摂取量900mg以上/日 の約95%に相当する量です。この量をお刺身で換算すると「マグロの赤身約7.5人前」となります。「EPA」「DHA」はイワシやサバなどの青魚に多く含まれるサラサラ成分で、血中の中性脂肪を低下させる作用があります。研究結果も出ていることから積極的に摂りたい成分で、実際にヒト試験で1日1本を4〜12週間飲み続けることで血中中性脂肪が約20%低下する作用が認められています。ヨーグルト風味で飲みやすいです。


お試し価格:1,080円
(税・送料込)
「イマーク」 ニッスイ (日本水産株式会社)

10本100ml×10本 特定保健用食品  ※お試し1家族1セット1回限り 送料無料
この「イマークS」には、1本(100ml)あたり、エイコサペンタエン酸(EPA)が600mg、ドコサヘキサエン酸(DHA)が260mg配合されています。

<栄養成分表示>  EPA 600mg、DHA 260mg、熱量 65キロカロリー、たんぱく質1.7g、脂質 4.0g炭水化物 5.6g、ナトリウム 18mg(1本あたり)、精製魚油( EPA・DHA含有)、乳化剤、酸味料、香料、酸化防止剤(チャ抽出物・ゴマ油抽出物・ビタミンE・ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK・ステビア)・(原材料の一部に大豆を含む)

※ EPAは、エイコサペンタエン酸の略語で、イワシなどの青魚に多く含まれる成分です。体内では、ほとんど作ることができない必須脂肪酸なので、毎日の食生活を通じて意識的に摂取することが必要です。このEPAは、継続して摂取することで、中性脂肪を低下させる作用が認められています。

※ トクホとは、個々の製品ごとに消費者庁長官の許可を受けており、保健の効果(許可表示内容)を表示することのできる食品です。  健康が気になる方を対象にしている食品であり、医薬品とは違います。病気の治療のために使用するものではないことにご注意ください。

4 皮下脂肪に効果的な体脂肪を揉み出す方法

  3D美容ローラー「アセチノ」の最新作「アセチノクワトロインパクト」一台で揉みだしケアとフェイスケアができます。一日一部位5分でOK!全身使っても30分でエステサロンのハンドトリートメントが可能です。防水仕様、コードレスでお風呂エステ!効率的なトリートメント実現!


おまけ付 送料無料
価格:12,960円(税込)
アセチノ クワトロインパクト (メーカー:ヤーマン)
正規販売店につき、正規品・保証書付きで、安心してお求めいただけます。保証期間 1年

商品名:アセチノクワトロインパクト  フェイス用アタッチメント付
サイズ 約90×135×65mm(アタッチメントは除く)
セット内容 本体、ボディ用アタッチメント、フェイス用アタッチメント、ACアダプター、取説(保証書)
重量 約300g(アタッチメントは除く)  連続使用時間 約30分(満充電時) 充電時間 約3時間 防水レベルIPX7
※IPX7=水深1mのところで30分浸水した状態でも商品内部に浸水がなく、商品としての性能を保持できること。

  肌に吸い付くように揉んでくれます。かなりの揉み出し感があり、私の場合、ふくらはぎの使用がとても気持ちよくスッキリした感じがします。脚のむくみ解消!続けて使っていると、足の軽さが全然違います。コードレスで使いやすく、使用後暖かくなると、気持ちがいいですょ。膝の上の辺りを丁寧にマッサージしていたら、膝のお肉がスッキリしてきました。 ダイエットの補助に有効だと思います。  器具は、持ちやすいです。音は多少ありますが、そんなに気になりません静かです。手軽にエステサロンのハンドトリートメントのような“もみ出しケア”が実現でき、エステサロンに行った気分になります!

5 栄養不足にならない「糖尿病食」によるダイエットがおすすめです。

糖尿病食は、脂質や糖質の摂取を抑え血糖値を下げるメニューで、その特長は低力ロリー且つ栄養バランスがとれた内容であることです。良質なタンパク質,ビタミン,ミネラル,食物繊維が含まれており,糖質60%,脂質20〜25%,タンパク質15〜20%の栄養バランスは,そのままダイエットに利用できるのです。 食材・夕食宅配サービス  宅配弁当・糖尿病食・減塩食・カロリー食・高齢者の食事・食材の宅配

内臓脂肪や中性脂肪を減らす健康ダイエット方法  食品・食材で内臓脂肪や中性脂肪を減らして生活習慣病の予防 !  内臓脂肪を減らす自然食品とは?

6 注目! 理想の体重は? <標準体重の計算式>

 身長×身長×22 ※身長はメートルで計算する  例 身長165センチメートルの場合は、標準体重約60キロとなります。1.65×1.65×22=59.859
上記の22という数字は、BMI(体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数)が22になる時の体重が標準体重とされています。統計的に病気にかかりにくいとされている数値なんです。  標準体重を維持する食事量にしましょう。 まず、食事と運動を中心に中性脂肪を減らす習慣を身に着けましょう!
  食事はカロリーを摂りすぎないよう、量や食品の内容、調理法などに気をつけます。ゆっくりとよく噛んで食べることも、食べ過ぎを予防する大切なポイントです。運動も軽いものでよいので1日30分を目安に継続して行うことが重要です。中性脂肪を減らすためには、脂質を減らし炭水化物を減らすと効果が一段と高くなるようです。
※中性脂肪を増やしやすい食べ物は、バター、クリーム、牛肉や豚肉など脂質の多いもの。果物、はちみつ、菓子類、ジュースなど糖質の多いもの。
※中性脂肪を減らす習慣として効果的なものは、ビール・酒・焼酎などのアルコール飲料を控えることです。

  脂肪1グラムは7キロカロリーで燃焼させることができます。1キロの脂肪を落とすためには7000キロカロリー必要なわけで、運動だけで痩せるのは非常に難しいのがわかります。(厚労省「健康づくりのための運動指針2006」より)。  摂取したカロリーよりも消費したカロリーの方が7000キロカロリー多くなければ1キロ痩せないということです。リバウンドを避けるため、ダイエットは緩やかなペースで時間をかけて、少しずつ体重を減らしていくのが理想です。たとえば、1ヵ月に1s減を目標にする場合、1日約230キロカロリー減らせばいい計算になります。食べ物ならご飯1杯(140g)、速歩で消費するなら約80分かかります。エアロビクス40分、サイクリング60分強が必要となります。人間のカラダは「1kg食べたから1kg増える!」といったような単純なものではなく、体重の変動には色々な要素が密接に影響しています。体脂肪、筋肉量、体調、ホルモン等々、日々の変動は他の要素がとても大きいものです。 つまり、毎日の体重変化に一喜一憂せず、1カ月に1kgぐらいずつ減らすペースを理想とし、食事や運動をコントロールしながら、リラックスしてダイエットに取り組むようにしましょう。