静岡県浜松市・浜名湖観光ガイドの浜松シティー広場静岡県浜松市・浜名湖観光ガイドの浜松シティー広場

エアフェスタ浜松情報と浜松広報館(浜松エアーパーク)


航空自衛隊ブルーインパルス

エアフェスタ浜松2019(浜松航空祭)情報

浜松航空自衛隊 浜松基地航空祭(エア・フェスタ浜松2019)
開催日:2019年10月20日(日)開催決定! 9:00〜15:00
会場:浜松市西区 航空自衛隊浜松基地
入場無料・入場券は必要ありません。指定席もありません。一般車両の基地内への駐車は、できません。参考:エアフェスタ浜松2019の基地外一般駐車場は、往復ハガキによる抽選応募となりました。
  JR浜松駅から浜松基地までシャトルバスがアクトシティ南側道路より発着します。雨天時の場合、展示飛行等は中止になる場合がありますが、装備品展示や地上アトラクションなどは行われます。
浜松エアパーク(航空自衛隊浜松広報館)では、戦闘機型操縦体験 フライト・シミュレータやフライトスーツの体験試着もできます。

※2019年 浜松基地航空祭(エア・フェスタ浜松) は、ブルーインパルスの展示飛行を予定!

  雨が降っても基本的に航空祭はあります。台風でもない限りは。ただし雨だと飛行展示が中止になったりする可能性があります。 地上展示や格納庫での展示はそのまま行われることがほとんどですが。また、雨でも展示飛行がある場合もあります。逆に曇りでも飛ばないこともあります。 視程(どこまで遠くを見渡せるか)と雲の高さによって決まります。地上から見ているとなかなかわからないですけど。雨でも雲の高さがあって、 視程が規定を超えていれば展示飛行はあります。

浜松基地航空祭(エア・フェスタ浜松) 2019 イベント内容

  航空自衛隊浜松基地の航空祭(エアフェスタ浜松)は、毎年、年1回秋に実施されます。
浜松基地上空の航空機展示飛行は、8:30〜13:24およびブルーインパルス曲芸飛行の13:55〜14:35となります。

【基地上空展示飛行予定】  ※天候により変更する場合があります。
T−4(オープニング飛行・航過飛行)、T−400(機動飛行)、UH−60J、U−125A(救難展示)、E−767(航過飛行)、T−7(航過飛行)、T−4(航過飛行)、F−16(米空軍飛行)、UH−60J(落下傘降下)、F−2(機動飛行)、RF−4(機動飛行)、ブルーインパルスによる曲技飛行

【地上展示空機】
T-4、T400、F-15J、F-2、F-16、RF-4、E-2C、E-767、C-130、CH-47J、U-4、U-125A、UH-125A、UH-60J

【 エア・フェスタ浜松2019プログラム 】

08:30〜08:40 T−4(オープニング)
09:30〜09:40 T−400(航過飛行)
09:40〜10:00 UH−60J(機動飛行)、U−125A(救難展示)
10:00〜10:15 E−767(航過飛行)
10:15〜10:30 T−7(航過飛行)
10:45〜11:20 F−4(航過飛行)
11:20〜11:45 F−16(米空軍)
12:35〜13:00 UH−60J(落下傘降下)
13:00〜13:12 F−2(機動飛行)
13:12〜13:24 RF−4(機動飛行)
13:55〜14:35 ブルーインパルスによる曲技飛行
※天候により変更になる場合があります。
地 上 展 示

<第3格納庫>
救難装備品、T−4構成品、F−15エンジン、E−767エンジン、T−4航空機脚リトラクション、救命装備品、災害派遣関連機器および各種救出機材、タンク塗装機展示

<第4格納庫>
軽音楽10:00〜10:45、太鼓演舞11:00〜11:45、音楽演奏12:00〜12:45
<エプロン地区>
ペトリオット、基地防空機材、AWACS.Jr、 消防放水体験9:00〜11:00、花自動車08:00〜15:00

<エンジン格納庫>
部隊紹介パネル・航空機模型展示

※エアフェスタ浜松2019(浜松航空祭)では、基地への入場時に保安検査が行われます。保安検査時においては、手荷物検査を行います。検査を拒否されると入場できません。以下の品目は基地内への持ち込みが禁止されています。細部は係員の指示に従ってください。@脚立A銃砲刀剣類B火災や爆発の恐れのある危険物Cドローン Dペット(盲導犬・介助犬を除く)Eアルコール類Fその他、係員が危険であると判断したもの。なお、公開エリアでは以下の行為が禁止されています。
(※公開エリアとは、エアフェスタ会場である北エプロン地区の航空機地上展示エリア周辺を指します。) @レジャーシート、キャンプ用チェア、ビーチパラソル、サマーベッド等の使用A喫煙場所以外での喫煙。Bキックボード等の使用Cその他来場者の迷惑となる行為です。  エアフェスタ会場内に若干の休憩所があります。売店が多数でます。基地内への飲食物の持ち込みは可能ですが、基地内にはゴミ箱が設置されておりません。ゴミは持ち帰りです。幼児、妊婦の入場は可能ですが、当日はかなりの混雑が予想されます。授乳施設やおむつ交換をする場所が総合案内所北側建物内にあります。
※開門予定は、8時になっています。  混雑状況にもよるようですが、例年7時30分ごろに開門しています。
※会場周辺は、一方通行の交通規制あり、浜松西インターから会場まで8時00分ごろを過ぎると大変混雑します。

【 エア・フェスタ浜松2019駐車場案内 】

  エアフェスタ浜松2019の基地外一般駐車場は、往復ハガキによる抽選応募です。応募の締め切りは、2019年9月6日(金)必着となります。  応募要領  ※ エアフェスタ浜松2018の入場者数は約13万人(主催者発表)でした。

応募者1名あたり自己保有車両1台の応募に制限します。(同一人物による複数応募は無効とします。)
 ・エアフェスタ浜松2019企画委員会において、締切日以降に公正かつ厳正に抽選をおこないます。
 ・当選者には返信面裏面に「駐車券」を貼付し、返送します。
 ・不当選者には、返信面裏面に「不当選者通知」を返送します。
※当選した場合、応募した車種、車両番号の車両のみ駐車できますので注意してください。

残念ながら抽選に漏れた方は、浜松駅周辺の駐車場の地図情報−地図上のPが駐車場です。  浜松駅からシャトルバスをご利用ください。
おすすめ!駐車場は、浜松市営駅北駐車場(地図右上・楽器博物館東隣)です。駐車料金の上限12時間700円がありバスターミナルまで徒歩約3分ほどで格安便利です。平田町(なめだちょう)東海道本線高架下の駐車場や浜松ターミナルハイツ横(地図左下)・マッヤビル横のリパーク駐車場12時間600円です。付近に一方通行がありますから注意してください。  ※  「エアフェスタ2019」開催当日は、浜松駅周辺のイベント「浜松花と緑の祭2019」〜第50回秋の都市緑化祭〜と重なるため、浜松駅前アクトタワー周辺の一般駐車場がかなり混雑すると予想されます。

・「エアフェスタ浜松2019」開催にあたり、浜松エアパーク(航空自衛隊浜松広報館)ご来場予定の方も、エアーパーク周辺道路渋滞回避のため、浜松広報館駐車場が事前応募(応募締切は9月6日(金)必着)による抽選となります。エアーパーク近隣に臨時駐車場を設置し、駐車可能台数は合計約800台となります。  周辺道路での路上駐車及び待機はできません。(同乗者との待ち合わせ、乗降車を含む。)  ※ 広報館周辺道路は、駐車禁止です。待機も駐車扱いとなりますので、ご注意ください。
  基地外周道から浜松エアパーク入り口への右折進入禁止です。浜松基地正門付近より外周道を東進してください。
(警察による取り締まりが行われる予定です。)

抽選に当たった方は、事前確認をして安全運転で、ご来場いただき「浜松エアフェスタ2019」をお楽しみください。
  一般車両駐車場は、基地外の北側、南側、西側に分散しています。基地周辺の各企業様のご厚意により、各企業の駐車場が航空祭用臨時駐車場として利用できることになりました。駐車場提供企業様へのお問い合わせは絶対におやめください。各駐車場(最大2.8q圏内)から基地までのシャトルバスはありません。徒歩による移動になります。

基地外南側駐車場は、
 ・トクラス株式会社 (浜松市西区西山町1370)に約700台、
  (誘導員の指定する場所に駐車してください) 基地正門から最大2.2kmあり徒歩で約35分。
 ・オートレース場北側駐車場 (浜松市中区和合町936-231)に約500台、基地正門から0.7kmあり徒歩で約10分。
  ※当日、オートレース場は、営業していますので、北駐車場以外への駐車はできません。
基地外北側駐車場は、
  基地北門まで最大約2.8km、徒歩で約45分かかります。
  基地北外周道・高丘南交差点周辺には、コンビ二、はなまるうどん(夜11時まで営業)、
  五味八珍(夜11時まで営業)、イケヤ文楽館(夜10時まで営業)、ガソリンスタンドがあります。
 ・北部水泳場 約200台 (浜松市中区高丘西4-7-1) 基地北門まで約0.6km 徒歩で約10分。
 ・ホンダロジステックス約195台 (浜松市中区高丘東1または高丘東4付近) 基地北門まで約1.6km 徒歩で約25分。
 ・本田技研 約550台 (浜松市中区高丘東2-4付近)  基地北門まで約2.6km 徒歩で約40分。
 ・天竜自動車 約50台 (浜松市中区高丘東1-2-25) 基地北門まで約1.7km 徒歩で約25分。
 ・日本梱包倉庫 約200台 (浜松市中区高丘東2-8) 基地北門まで約2km 徒歩で約30分。
 ・岡本プレス 約140台 (浜松市中区高丘東3-8) 基地北門まで約2.8km 徒歩で約45分。
 ・三恵技研工業 約100台 (浜松市中区高丘東3-37)および(高丘東3-10) 基地北門まで約2.8km 徒歩で約45分。
 ・アーレスティブリテック 約60台 (浜松市中区高丘東3-10)および(高丘東3-3) 基地北門まで約2.8km 徒歩で約45分。

  つきましては、ご厚情に感謝し、駐車場内に決してゴミを捨てないようにお願いします。
  浜松基地周辺の観光地図 航空写真による地図が参考になります。

  なお、観光バス・大型バス駐車場は、基地内南側に予定、基地正門より入場してください。浜松基地南地区正門からエアフェスタ会場付近までの無料シャトルバスを運行する予定です。  エアフェスタ浜松2019では、自動二輪車及び原動機付自転車の基地内への乗り入れが出来なくなりました。二輪車駐車場は、浜松市北部水泳場(中区高丘西4-7-1)の臨時駐車場を駐輪場として利用される予定です。徒歩は、西門を除く門から入場できます。基地西門は、南基地西側の外周道(364号線)セブン・イレブン伊左地北店(西区伊左地町2270-10)の向かい側で、基地外シャトルバスの入場門専用となります。

【エアフェスタ浜松2019に関するお問い合わせ先】 航空自衛隊 浜松基地渉外室 TEL053-472-1111 内線3312、3313

【 エア・フェスタ浜松2019シャトルバス案内 】

○浜松駅からのシャトルバスは毎年大変混雑致します。

  昨年は、午前11時頃までは断続的に1〜1.5時間程度の待ち時間となりました。
  【ご注意ください!】 シャトルバスは、浜松駅バスターミナルからは出発しません。
  2019年の浜松駅シャトルバスは、アクトシティ南側道路より出発します。
・浜松駅からシャトルバスを利用する場合は、浜松基地下車後保安検査を受けてください。

事前に、アクトシティ2階の乗車券売り場にて、乗車券をお買い求めください。  浜松駅周辺エリア情報
※浜松駅北口より出て、右側東側(アクトシティ方面)ヘ外階段の二階に臨時切符売り場があります。

浜松駅(アクトシティ南側)→<直通>→エア・フェスタ会場浜松基地北地区(公開エリア側)  7:30〜13:00(最終便) (運行時間中は随時出発)
エア・フェスタ会場→<直通>→浜松駅(アクトシティ南側)  16:30(最終便)  シャトルバス料金(片道大人500円小人250円)
※ 約30〜90分(道路状況により、到着時間が変動します。)
遠鉄バス(新着情報)に詳細な浜松航空祭 (エアフェスタ浜松)用のシャトルバス運行状況が、開催日が近づけば掲載されます。

  浜松駅からシャトルバスを利用するなら、浜松駅に近いホテルが良いのですが、マイカーやタクシーの利用を考えているのでしたら、舘山寺の露天風呂付きの温泉宿でのんびりするのもお勧めですよ。  浜松基地に近いホテルは2カ所おすすめできますが、例年8月末日までに満室になるようです。上記の浜松駅に近いホテルに掲載されていますから参考にしてください。 温泉街から湖東門・西門または北門まで車で約15分〜20分、浜松駅から広報館へは車で約25分〜30分です。

【 エア・フェスタ浜松 カメラ撮影ポイント案内 】

  カメラ撮影ポイントとして、多くの口コミ情報では、南側から撮影する場合の撮影ポイントとして、1浜松広報館周辺、2湖東門(西門)周辺があります。個人的には、広報館から外周道路にそって西へ行った、畑のところがお勧めです。航空機の離発着時のバックに浜北・引佐・細江の山並みが撮影できます。  現在のメイン会場は、基地の北側にあるエプロンです。地上展示機、フライトイベント会場、モデル撮影会、各種イベントの実施、売店などがあります。
  また他の展示飛行もここが中心となりますので、見応えたっぷりです。逆光気味となるため、晴天時の撮影には苦労します。浜松広報館西側が臨時駐車場として開放されます。ここは、滑走路の中間地点から東側が良く見えます。ほぼ順光で見易いです。広報館3階から航空機の離着陸は勿論、晴れた日には富士山も見えます。  その他、広報館前道路を東へ泉グランド駐車場付近(基地南外周道沿い)・セブンイレブン伊佐地北店前(基地外周道西南端)・伊佐地緑地公園(基地西端・浜松学院グランド臨時駐車場東隣)がおすすめです。浜松は、天気がよければ西風・天気がくずれかけ悪くなると東風になります。ほとんど基地西側へ離陸し、東側から着陸します。

お問い合わせ先:浜松航空自衛隊 第1航空団監理部渉外室広報班 TEL053-472-1111


浜松エアーパーク(航空自衛隊浜松広報館)

静岡県浜松市西区西山町無番地  航空自衛隊浜松基地

  浜松エアーパーク(航空自衛隊浜松広報館)は、航空自衛隊浜松基地内にあるテーマパークです。戦闘機や装備品の展示をはじめ、戦闘機型操縦体験フライト・シミュレーターや全天周シアターなど、見て触れて体験して楽しむことのできる、浜松で人気の観光スポットです。
*毎年、実施されるエアフェスタ浜松(浜松航空祭)では、絶好のカメラ撮影ポイントになります。

  展示資料館の1階は、「任務と活動・研究開発・航空機のメカニズム」がテーマ。最新鋭F−2支援戦闘機の開発に使用された実物大モックアップ(木製模型)、実際に使用していたF−1戦闘機の機体や戦闘機エンジンの一部を切断し、内部が見られるようにしたカットモデルなど展示。  2階では航空自衛隊が所有する機体の模型やパイロットの装備品などを展示。ラインメタル対空20ミリ2連砲、パイロットの日常や救難隊の活躍を巨大スクリーンで見せる全天周シアターがあります。  バーチャル防空管制司令室では、航空自衛隊の平時「領空が侵犯された場合の対処活動」及び航空自衛隊の有事「防空任務における各種活動」について分かり易く紹介しています。

  展示資料館横の展示格納庫には、F−1やブルーインパルス仕様のT−2高等練習機、F−104J、MU−2救難捜索機、さらには昭和38年にグアムで発見されたゼロ戦(零式艦上戦闘機)など多数の航空機を展示。このうち、F−1、T−2、F−104J、F−86Fの4機は操縦席に乗り込んで記念撮影をすることができ、来場者に人気です。
  また、戦闘機型操縦体験フライト・シュミレーターでは、油圧可動式二人乗りの本格的なフライトシミュレーターで
パイロット気分を体験することができます。  初級、中級、上級が選べますので初心者でも楽しむことができます。
一部に実物の戦闘機の機体が使用され雰囲気満点。スロットルやフラップ、ラダーなどを駆使して発進、離陸、模擬空中戦、着陸…とリアルな戦闘機の操縦体験をすることがでます。

・戦闘機型操縦体験 フライト・シミュレータ 受付案内
 受付時間 09:00〜15:30 注意15:30までの搭乗予約が完了次第、終了です。土日は混み合うため注意。
・フライトスーツを体験試着して、記念撮影をすれば気分はパイロット!
・フライトスーツ体験試着
 航空自衛隊のパイロットが使用している、フライトスーツ及びヘルメット等(レプリカ)の体験試着ができます。
 子供用3歳〜大人用3Lサイズまで。ブルーインパルス仕様(3才〜7才用のみ)もあります。
・全天周シアター
 迫力の大スクリーン(15m)で、航空機の世界を楽しむことができます。15分間の大空の旅は必見です。
 入場整理券交付時間 9:00〜14:30までの間で約1時間間隔で6回上映 (各回120枚交付次第終了)

お問い合わせ先:浜松広報館 (浜松エアーパーク) TEL.053(472)1111

開館時間
9:00〜16:00
休 館 日
・毎週月曜日(祝日又は国民の休日の場合はその翌日)
・毎月最終火曜日(館内整備) ・3月第2週の火曜日〜木曜日(総合整備)
・年末年始
料   金
無料 (入出場は自由です)
駐 車 場
一般乗用車  約146台 (無料)  バス 17台 (無料)
交  通
◎ JR浜松駅北口のバスターミナル14番線から「泉・高丘行き」を利用 「泉4丁目」下車、南基地外柵沿いに徒歩約10分。  浜松基地正門と、広報館入口は異なりますので、ご注意下さい。

◎ 広報館直行便は、下記のとおり路線バスが運行されています。
   JR浜松駅北口バスターミナル 16番線『和合・西山行き』
   1.浜松駅10:06発 ― 西山10:29 ― 広報館10:34
   2.広報館12:10発 ― 西山12:18 ― 浜松駅12:47

◎ 姫街道から航空自衛隊浜松基地の南の外周道路を西へ進むと、左手に見えてくる泉四丁目運動広場のすぐ西側に浜松広報館(浜松エアーパーク)があります。  地図
  館内には民営の喫茶スカイラウンジ“Fuji”があります。絶景スポットにあり、航空機の離着陸は勿論、晴れた日には富士山も見えます。
一昔前の喫茶店の雰囲気があります。
オススメは、「よこすか海軍カレー」と「自衛隊オリジナル撃カレー」

航空自衛隊浜松広報館イベント

「夜間開館 トワイライトオープン」イベント

ナイトフライト(夜間飛行訓練)が見れるかも!?
開催日:2019年7月29日(月)〜30日(火)  イベント当日の開館時間 13:00〜20:00
動揺型シミュレータ受付 13:00分〜19:30 夜間開館の二日間、通常の「昼間モード」に加え、夕暮れ時の「薄暮モード」も選択可能になります。

「エァパーク浜松広報館20周年記念

開催日:2019年4月20日(土)〜21日(日) 9:00〜16:00
  今回のイベントでは、浜松広報館開館20周年記念用に募集された塗装デザインとラグビーワールドカップ記念の塗装機が展示されます。
また、航空機の航過飛行展示が20日のみ11:35から予定されています。その他、基地太鼓部演舞、中部航空音楽隊演奏の演奏、航空機発着訓練展示20日のみ13:00〜、パイロットサイン会、浜松救難隊航空機の地上展示、救難訓練展示、広報館記録写真展示などがあります。
  機種は、T-4(日本の航空自衛隊で使用している中等練習機。プロペラ機による初等訓練を終えたパイロットが次に訓練する中等練習のために製作された亜音速ジェット機)やU-125(航空自衛隊が運用している双発ジェット機)、AWACS(エーワックス 早期警戒管制機で、大型の全周囲レーダーを用いて敵の捜索・追尾と友軍機の指揮管制を行う航空機)の航過飛行展示があります。